薄毛植毛アクション@費用メルカトル


HOME >> 頭皮を清潔にしすぎるあまりに・・・



頭皮を清潔にしすぎるあまりに・・・


薄毛対策には頭皮を清潔にすることが必要ですが、かといってやりすぎはいけません。
というのも、清潔にしようとがんばって行っている洗髪が抜け毛の要因であるケースも少なくありませんので、シャンプーやリンスの使用を中断して、湯シャンにしてみることで、育毛効果が出てくるかもしれません。

湯シャンを行なう前に、丁寧にブラッシングをします。それからぬるま湯でもって、頭全体を流し洗いし、その際は力を込めてゴシゴシ洗わず、お湯によって毛穴を広げて汚れを落としていくようなイメージで進めるのが、湯シャンの肝と言えるかもしれません。

お湯だけで汚れが落ちるか心配になりますが、お湯の洗浄力は意外と大きく、皮脂を落としすぎないようにお湯の温度はぬるめに設定しておいた方がよいでしょう。


湯シャン後、クエン酸、お酢などをお湯に少々とかして、リンスのかわりになるものを作って利用すると、髪がキシキシした感じになりません。
最近、グリーンスムージーなども多く出回っていますが、果物の成分が、増毛・発毛育毛に効果があるといわれてきています。

果物の中に含まれるビタミンやミネラルが、タンパク質の生成による髪の毛の成長をサポートしてくれます。
どんどん果物を食べると、髪の毛が育つでしょう。実は、果物は消化されやすい傾向にあるため、空腹での摂取が効率よい方法です。皮膚科で行われている薄毛治療のひとつで点滴(注入)療法というものがあります。
薬として服用してもすぐに体外に排出されてしまうビタミンやミノキシジルなどの配合液を地肌に注入するので、効果が実感しやすいと言われています。
量や薬剤の種類について選ぶこともできますが、基本的に医師の診察のもとに行われます。点滴の場合は注射針での処置に比べて準備や注入にかかる時間が長いので、費用も高いというケースが多いようです。

点滴は注射より長く時間をかけるため、頭痛や悪心、動悸などの副作用が起こりにくく、すぐに対処ができるという安心感は、ほかの治療では得られない、点滴治療の長所と言えるでしょう。
忙しいから時間が確保できないと言ってしまえばそれで終わりですが、ゆっくり気持ちを落ち着ける場として点滴を利用するのもまた良いのではないでしょうか。

関連記事です




Copyright (c) 2014 薄毛植毛アクション@費用メルカトル All rights reserved.

▲TOP