薄毛植毛アクション@費用メルカトル


HOME >> ストレスが薄毛の進行を早めることは良くあります



ストレスが薄毛の進行を早めることは良くあります


普段の生活でストレス度の高い状態で過ごしているのであればそれは薄毛にとってもそれ以外にもっても要注意です。

育毛を行っても、マイナスの要素が多いので、効果が表れにくいでしょう。ストレスを受けないような環境になれば良いですが、ストレスをそっくりそのまま直球で受け取ったり、抱えたままでいないよう、頭の中で切り分けるのも大事です。あなたにとって効果的なストレス解消法があるのならそれをする時間を意識的に増やすほうが良いでしょう。ストレスからの回復をあまり後回しにしないことも大切です。

体にいいことで知られる黒酢は育毛効果もあるんです。からだにいい栄養素(アミノ酸など)が黒酢にはたくさん含まれていて、血行促進の働きがあって、育毛とか増毛に必要なたんぱく質の生成を助けます。それから、神経細胞は発毛に関係することで知られていますが、その神経細胞を活性化させるとも考えられています。

黒酢の味が嫌なら、黒酢のサプリを飲むのが好ましいと思われます。お酒を飲むと髪によくないのかどうか・・・?最近言われている内容によると、節度をわきまえていれば、大丈夫だと言えます。


しかし、飲みすぎというのは髪には良くありません。髪の主成分としてはたんぱく質となり、突き詰めればアミノ酸と言えます。多量のお酒が入ると分解をする際にアミノ酸を使いすぎてしまうことになります。

帽子も使いようによっては、立派な育毛グッズです。
かぶると髪と頭の状態が有害な紫外線の照射から守られます。


春、夏の紫外線の強い時期、なんの対策もとらずにいると、秋の抜け毛の多くなる時期になってから、大量の抜け毛が発生することになりそうです。

冬は、紫外線については、あまり心配しなくても良いのですが、寒さで血管が縮小し、頭皮の血行が滞ってしまいますので、やはり冬でも、帽子をかぶった方が良さそうです。でも、帽子の中が汗で蒸れてしまうと、頭皮に大きなダメージとなりかねません。

できるだけ通気性に優れた素材や、形の帽子を選ぶようにし、室内では、脱いだ方が良いでしょう。

関連記事です




Copyright (c) 2014 薄毛植毛アクション@費用メルカトル All rights reserved.

▲TOP